2019年を振り返って

こんにちは。院長の佐藤奨です。
今年も残りわずかとなりました。
2019年「今年の漢字」は「令」だそうですが、皆さんにとってはいかがだったでしょうか?

自分にとって今年の漢字は?と問われれば、「絆」という字が強く思い浮かびます。

4月に医院に岩渕さん、加賀さんという2名の新たな仲間が加わってくれました。
その二人の成長に関わってくれたスタッフも、それぞれにさらに大きく飛躍してくれたこともうれしく思います。
また、医院研修旅行も思い出深く、人のつながりのあり方や意味を、いろいろと考えさせられた一年でした。

来年は2020年。中央歯科クリニックは開業20年目を迎えることになります。
開業当初は、痛い思いをしている方や、噛めなくて困っている方をなんとかしたいという思いで診療をしてきましたが、この20年で口腔環境や生活習慣、価値観も変化し、歯科医療に求められる役割も少しずつ変わってきていることを、ひしひしと感じています。
口腔の健康を守ることが、その人の豊かな人生に貢献できると確信しています。

今年一年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。