お口の機能が低下していませんか?口腔機能検査について

みなさんは、オーラルフレイルという言葉を聞いたことがありますか?
オーラルフレイルとは加齢とともにお口の働きが低下し食べる、話すといった機能に何らかの問題が起こってくる状態のことをいいます。
このフレイルという状態は、要介護状態に進む前段階とも言われ、この段階のうちに正しい治療や予防処置を行うことで、健常に近い状態へ改善したり、要介護状態に進むリスクを減らせる可能性が高くなります。

ご自身やご家族の方で、最近このような気になる症状はありませんか?

  • 食事中にむせることがある
  • よく噛めない
  • 食べこぼしがある
  • 滑舌が悪くなった

咳をしているお爺さんのイラスト

といったような気になる症状があれば、私たちにお気軽にご相談下さい。

当院で口腔機能検査を受けることができます。

 

口腔機能検査は「食べる」「話す」等の重要な口腔機能を、数値でチェックできる検査です。

どれも数分でできる簡単な検査です。

  • 舌圧測定
    舌の力の強さを測ります。舌圧は発声や嚥下(えんげ)(咽頭から食道へ食べ物を送り込むこと)を行う際に必要な力です。
    検査のしかた
    小さな風船状のものをお口に入れて、舌と上あごでつぶすように押し、舌の力の強さを測ります。
  • 咀嚼(そ し ゃ く)能力検査
    咀嚼力(食物を歯でかみ砕く力)が低くなると、低栄養になったり、脳の活動する力にも影響があることがわかっています。
    検査のしかた
    グミを 20 秒間噛んで吐き出し、中に含まれるブドウ糖の濃度を測定します。
  • 咬合力検査
    噛みしめる力の強さを測る検査です。咬合力は体力や移動能力、生活習慣の指標にもなります。

検査のしかた

薄いプレートを力を入れて噛んでもらい、測定します。データにより咬合力の強さやバランスが一目で確認できます。 

 

口腔機能は、症状が進んでしまう前に歯科での正しいかみ合わせ治療や、筋力のトレーニング生活習慣の改善などを行うことによって、機能を回復できることもあります。

お悩みの方がいましたら、症状が進む前にご相談下さい。

 

 

窓口で払う医療費について

2年に一度の診療報酬改定により、2020年4月から診療に関するルールや医療費の変更が行われました。皆さんが窓口で支払う自己負担額も、一部の診療において改定されています。

 

どうして医療費は変わるのでしょうか?

国が毎回見直す医療のあり方や方針に基づいて、健康保険制度は常に整備され直しているためです。

そこには、今後予測される様々な疾病や私たちの健康に関わる問題に対し、事前に対処していく目的もあります。

例えば、今後さらに進む高齢化社会に備えて、将来寝たきりになる人を少しでも増やさないためには、どのような医療対策が有効かといったことです。

 

今回の改正はどのように変わったのでしょうか?

今回の改正の一例として

  • かかりつけ強化型診療所として、院内感染対策を十分に行っていることへの評価
  • 医科との連携を積極的に行うことへの評価
  • かかりつけ医として、患者さんを長期的観点から医学管理できること

などに対して、診療報酬が引き上げられるため、窓口負担が多くなりました。

  • 当院の院内感染を防ぐ取り組みについて

診療のための器具や機材は、ヨーロッパ基準の高い消毒・滅菌効果を備えた設備で洗浄、滅菌、消毒を行っています。

下の写真は、ドイツ シロナ社製高圧蒸気滅菌器です。

歯を削る器具(ハンドピース)を、短時間で1本1本洗浄、滅菌することができるため、患者さんおひとりごとに清潔な機具で治療することができます。

 

また、診療時に起こる感染を防ぐ設備を各ユニットごとに整えています。下の写真は、診療中に空気中に飛散しやすい粉塵、飛沫などを吸い込む装置です。「口腔外バキューム」と言います。

特に最近は新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、空気中に飛散、浮遊する菌やウィルスを吸い込むことで起こる飛沫感染が大きな関心を集めています。

当院ではコロナ以前から、このような設備を各診療台に配備し、治療中に起こる院内感染を防止する取り組みを行っています。患者さんはもちろん、医療従事者側にとっても重要な設備です。

 

診療報酬は、直接行った処置に対するものや、院内の設備や取り組みに対して間接的に反映されるものなど様々です。わかりにくい点もあるかと思いますので、ご不明なことがあればスタッフにお尋ね下さい。

似顔絵コンテスト結果発表 1位は?

7月に行われた、院長似顔絵コンテストの結果が発表されました。

投票にご参加下さいました皆様、ありがとうございました。

 

投票第1位

ichigoさんの、気品漂う作品

 

投票第2位

ももかっぱさんの、気迫のこもった作品

 

そして、院長の選出による院長賞は、

2020年12月31日の院長先生さんの、ドラマチックな作品

 

以上3作品がそれぞれ受賞しました。

 

受賞者のコメント

ももかっぱさん

「毎回『世界遺産を旅する院長』をテーマに、今回は去年医院旅行で行ったベトナム ハロン湾での院長先生を描きました。今年はコロナ渦で旅行も難しいかと思うので、次回は平泉の金色堂をバックに描いてみたいと思います。」

 

 

投票いただいた皆様、ありがとうございました。

 

9月の医院からのお知らせ

口腔外科診療日

9月9日(水)・10月28日(水)

休診日

10月14日(水)~16日(木)は、研修および改修工事のため休診致します

お知らせ

待合室の混雑緩和のために、アポイント時間をずらしてお取りしています。

特に9時の診療開始のお時間は、待合室が大変込み合いますため、現在9時の予約枠を制限しています。9時以降の予約の方は、なるべくお時間ギリギリにご来院くださいますと幸いです

感染対策のためにもご理解ご協力をお願い申し上げます。

患者さんのお宅で、健康食を学んできました。

当院では8020(80歳で20本以上の自分の歯を保つ)の方が地域に増えることを、医院の目標の一つとしています。
そんな中、私たちが自分 たちの将来のお手本にしたいと思ってしまうようなご夫婦がいらっしゃいます。
今野弘八さん、幸子さんご夫妻です。

弘八さんはこれまで岩手県歯科医師会から8020達成の表彰を何度も受けていらっしゃいます。
奥様の幸子さんがいつも健康を考えた栄養バランスの良い食事を心がけていると聞いて、この料理こそが健康の秘訣なのではないかと思いました

そこで元気で若々しくいらっしゃるための方法や夫婦円満の秘訣をお伺いしたところ、「ぜひ我が家にいらしてください」と、ご自宅にお招きいただいてしまいました。
院長含め5名であつかましくも今野家へお伺いすると、幸子さん自慢の手料理が食べきれないほどにテーブルに並んでいました。

お料理の品数とボリュームにびっくり。
朝からお二人で準備していただいたとのこと。

手間のかかったおもてなしに感激しつつ、夢中になって頂きました。

脂質を抑え、たんぱく質をたくさん取る、塩分を控えるなど、今野家のメニューはどれも体のことを考えたものばかり

普段の自分たちが食べている食事と比較した時、健康に気を配っているつもりでも、好きなものや食べたいものを中心に食べバランスが偏っているかもしれない、と感じてしまいました。

食の欲求は、本来は「生きる」ための欲求です。
健康への意識が高くなれば食べ物の選択も自然と変わってくるのだと思いました

幸子さんはお料理をアルバムにしているそうです。
素敵な宝物ですね。
ちなみにカメラはお嫁さんから料理の写真を撮ってと、プレゼントされたそうです。

今野さんご夫婦は元気なだけではなく、いつもお二人笑顔でお互いを思いやる姿が印象的でした。
理想のご夫婦ですね。 
健康をあえて意識せずに自然体に楽しんで生活しているように見え、それが元気の源かなとも思いました。
また、人生の先輩として、おもてなしの心やお二人の気遣い、自分たちも見習いたいと思います。
ありがとうございました!!

クレジットカード、電子マネーでのお支払いについて

電子マネーでのお支払いについて

PayPay導入についてのお知らせ

 

令和2年9月より、1,000円以上の自費診療費、物品のお支払いの際に、電子マネーPayPayがお使いいただけるようになりました。

キャッシュレス決済No14 | ビジソザ

当院での対象となる支払いは

  • 1,000円以上の自費診療
  • 1,000円以上の物品

以上の2点です。

 

それ以外のお支払い(保険診療費等)につきましては、対象外となりますのであらかじめご了承下さい。

 

クレジットカードでの物品の購入につきまして

誠に恐れ入りますが、令和2年9月より、物品のお買い上げ1,000円未満のクレジットカードでの対応を停止させていただきます。

1,000円未満の物品購入は現金のみの対応とさせていただきます。

皆様のご理解、ご協力をお願い致します。

手首で測る体温測定器を導入致しました。

手首で体温を測る、非接触型体温測定器を導入致しました。

手首をかざすだけで体温を測定することが出来ます。

また手指消毒もその場で行うことができます。

玄関に設置しておりますので、検温と手指の消毒を行った後、受付をして下さい。

体温が37.4℃以上で測定された方には、アラームでお知らせいたします。いったん院外で待機していただき、携帯電話等で受付へお知らせください。

また、当院では来院される前にご自宅での検温をお願いしております。

体温が37.5℃以上の方の受診はお控えくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

駐車場でスイカが育っています。

突然ですが、現在、駐車場でなぜかすいかがすくすくと育っています。

しかも今のところ2玉

誰かが植えたわけではないと思いますが、小さな植え込みスペースから奇跡のように成長しています。

すいか好きの院長やスタッフへのご褒美でしょうか?

令和2年度「骨太の方針」における歯科の役割が示されました。

こんにちは。まだまだ暑い日が続いてはいますが、いつの間にか8月も残りわずかとなり、コロナが終息することなくこのまま1年を迎えてしまいそうですね。

そんなコロナ禍で日本政府の国家運営にかかわる方針、いわゆる「骨太の方針」の決定が7月、国会でなされました。

歯科の分野においては、細菌性やウイルス性の疾患の予防という観点も含め、口腔の健康と全身の健康の関連性を更に検証し、国民への適切な情報提供を強化する」とあります。

 

詳しくは、令和2年7月 17 日閣議決 定「経済財政運営と改革の基本方針 2020~危機の克服、そして新しい未来へ~」32ページ 『「新たな日常」に対応した予防・健康づくり、重症化予防の推進』をご参照下さい。

https://www5.cao.go.jp/keizaishimon/kaigi/cabinet/2020/2020_basicpolicies_ja.pdf

 

つまり、細菌性やウイルス性の病気予防の観点からも、口腔ケアが有効ではないかと国も期待をしているのです。

私たちの生活から菌やウイルスを完全に排除することはできません。

今までも人と菌やウイルスは共存してきましたし、今後また新たなウイルスの出現もありうるでしょう。

重要なのは免疫力や基礎体力をできるだけいい状態で維持していくことです。

私たちの行う口腔ケアがその一助となるよう、これからも知識や技術を高めて行きたいと思います。

マスクのせいで口呼吸?「おくちポカン」に気を付けましょう

「おくちポカン」をご存じでしょうか。

テレビを見ている時やリラックスしている時に、口が開いている状態のことを言います。

その状態では鼻呼吸ではなく口呼吸を行っているため、菌やウィルスが体内に入り込みやすくなり、免疫力の低下や感染症にかかりやすいなどのリスクが高くなります。

もちろん歯並びにも影響を与えます。

口が開いたままでいると、ほっぺたの筋肉の圧力が変わることで歯並びに影響を与えたり、顎や舌の位置が正常でなくなることでも歯列がゆがむ原因になるのです。

 

最近はマスクをしていることが多いため、息苦しさからマスクの下で口呼吸をしている子供たちが多くなっているとも指摘されています。

「おくちポカン」もしくは口呼吸をしているようであれば、歯科医院で「口唇閉鎖力」を測定することができます。

もし口唇閉鎖力が低下していると疑われる場合は、口周りの筋肉を鍛えるトレーニングをお勧めします

気付いた時に「おくちポカン」になっていないかチェックしてみて下さいね。