2021年 3月 の投稿一覧

4月の医院からのお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止
及び働き方改革に伴う診療時間変更のお知らせ

令和3年4月1日より、診療時間が以下のように変更になります。 

午前  9:00~12:00
午後14:00~17:30
(最終受付17時)

患者さまにはご迷惑をお掛けしてしまうかと思いますが、どうぞご理解・ご協力の程よろしくお願い致します。

口腔外科診療日

4月21日(水)・5月12日(水)

医院からのお知らせ

皆さんこんにちは!歯科衛生士の加賀ひかりです。最近はようやく暖かくなってきて春らしい陽気になってきましたね。

新年度を控えた昨日、外部講師をお招きして院内研修会を行いました。昨年10月に行った研修会の続きで、今回は主に、リーダーシップとフォロワーシップについて学びました。

座学だけでなく、グループに分かれてシェアや ディスカッションをしました。
私はリーダーに立候補し、グループのまとめ役として活動してみましたが、まとめ役の難しさを痛感しました。伝えたつもりでも捉え方は人それぞれで理解度が異なったり、相互理解出来ていなかったり,,,。グループ内の少人数でもこれだけ難しかったので、普段の診療では余計にすれ違いがあるかもしれません。

今回の研修会で学んだ考え方はとても重要で忘れてはいけないものだと思います。心に留めて、中央歯科クリニック一同 気を引き締めて新年度も駆け抜けたいと思います!

21年目の新年度

こんにちは。院長の佐藤です。4月、うららかな日差しが心地良い季節となりました。コロナ禍での2度目の春ともなり、今回も自粛ムードの中でのお花見となりそうですね。

このウィルス感染症はまだまだわからないことも多いですが、年末や春先など人の移動が多くなる時期は特に注意が必要なようです。

未知のウィルスであることはもちろんですが、これまで国の指針として少子高齢化や人口減少時代に合わせ、病床数や保健所の削減等に力を入れてきていることもあり、医療にかかわる現場の方々はとても大変な苦労をされていると思います。地域医療を守るためにも、今まで通り一人一人できる範囲の予防を徹底していきたいですね。

今月、当院は21年目を迎えました。新年度に際し、診療時間の見直しや新たなメンバーも加わり、新体制でスタートします。

地域を支えるための、さらに質の高い歯科医療を目指して参ります。何卒よろしくお願い致します

子供の歯である乳歯とは?乳歯の特徴について

乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから、放っておいても大丈夫?

いいえ、そんなことは絶対にありません!!

むしろ永久歯や顎や口の発達に、乳歯のころの口腔環境が非常に大きく関わります。

乳歯をむし歯にしてしまうことは、お口の中がむし歯になりやすい環境になってしまっているということです。

むし歯のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

その中で新しい永久歯が生えてきても、やがてその歯もむし歯になってしまう可能性が高いのです。

 

乳歯を1本もむし歯にしないことが大切です。

 

とはいえ、乳歯には虫歯になりやすい特徴があります。

ここでは、そんな乳歯の特徴についてお伝えします。

 

~乳歯の2つの弱い特徴について~

●乳歯は永久歯と比較して半分のエナメル質!

エナメル質は、歯の外側部分に当たります。

そのエナメル質の内側には象牙質があり、硬い物を噛んだ際に象牙質がショックを吸収することで、エナメル質を保っています。

また、象牙質内側には神経があり、歯に水分を送り込んで美しく瑞々しい歯を保っています。

しかし、象牙質と神経は弱いのでエナメル質が溶けると、虫歯に発展していきます。

乳歯は、エナメル質が薄いので虫歯になりやすく、神経まで症状が進行します。

汚れた歯のキャラクター

ですが、乳歯の場合、痛みを感じることが少なく気付きにくいので、日常的な歯のチェックと定期健診が大切になります。

 

●生えたばかりの歯は未成熟!

生えたばかりの歯は、小さな穴が沢山空いています。

これは、虫歯菌にとって居心地良い環境で、歯をしっかりケアすることが大切になります。

一方でこの穴は、唾液ミネラルを取り込みながら成熟するので、この時期にフッ素を使用することによって、効率良く歯に取り込まれて強い歯にしていくことができます。

歯磨きをする男の子のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

小さい時期からのフッ素を取り入れた口腔ケアがとても大切だということがわかりますね。

 

3月の医院からのお知らせ

休診日

3月25日(木)は研修のため、休診致します。

口腔外科診療日

3月31日(水)・4月21日(水)
.

先月の日曜日、臨床歯周学会認定衛生士の資格取得のための口頭試問が行われました。

認定衛生士とは、歯周病の予防と治療の専門的な知識や技術を持っていると認められた衛生士のことです。

この日は実際に担当している患者さんの治療経過を学会の試験官にプレゼンテーションし、試験官からの質疑に答えます。 認定衛生士として認められれば、ますます地域の患者さんの健康に貢献できると思います。受かるといいですね。

試験前日、他のスタッフからかわいらしい応援のメッセージがホワイトボードに書かれていました!

歯ブラシを選ぶポイント

みなさんは歯ブラシを、何を基準に選んでいますか?
いろいろな歯ブラシがあって、迷ってしまいますね。

ここでは当院で販売している歯ブラシの特徴をいくつかご紹介します!
ぜひ選ぶ際の参考にしてくださいね。

テペ スプリーム

多くの方にお使いいただける、人気の高い歯ブラシ。当院でも一番の人気です。

最大の特徴は、2段植毛のフィラメント。
長いフィラメントが隣接面や歯周ポケットに到達し、同時に短いフィラメントは歯面をすっきり磨き上げるという2段構造で、効果的にプラークを除去します。

特に歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)が深い方に最も適している歯ブラシとして、当院ではお勧めしています。

歯科予防大国スェーデン製のすっきりとしたフォルムやおしゃれなカラーリングも魅力です。

 

 

イオンパ ペリオ

低価格の音波ブラシとして、とても人気があります。しかしこの音波ブラシの最も優れているところは、イオンを発生させる点です。

イオンの働きが歯の表面のプラークを歯ブラシ側に吸着させることで、より効果的にプラークを除去していきます。
また、イオンにはフッ素をより歯に浸透させる効果もあるので、高濃度フッ素入り歯磨剤を使ったブラッシングをおすすめしています。

コンパクトなので、場所を問わず使えるところもいいですね。

 

 

クラプロックス

毛束は一般的な歯ブラシの約10倍の密度。まるで「たわし」のような形ですが優しい磨き心地で確実なプラーク除去が可能です。

通常の歯ブラシは1ヶ月で毛先が開いてきますが、この歯ブラシは特殊な超極細毛を使用しているため、3ヶ月間使用することができます

スイスのブランドで、独特のカラーリングや持ちやすい8角形のハンドルなど日本製にはないユニークなスタイルも、毎日のブラッシングを楽しくさせてくれそうですね。

けっして力を入れずになでるように磨くのが、この歯ブラシの特徴を最大限に生かす磨き方です。